Game | Crazy Climber クレイジークライマー | Crazy Climber クレイジークライマー -

Game (0.13 seconds)

Get email alerts with the latest game trailers for Game | Crazy Climber クレイジークライマー | Crazy Climber クレイジークライマー -
You can cancel email alerts at anytime.

Crazy Climber クレイジークライマー

From Youtube.com - Posted: Mar 17, 2009 - 325,191 viewsGame | Crazy Climber クレイジークライマー | Crazy Climber クレイジークライマー
Crazy Climber クレイジークライマー
Crazy Climber クレイジークライマー
Game Trailer Duration: 8 minutes 31 seconds 
Play Now
(Source: youtube.com).
Crazy Climber クレイジークライマー Movie was recorded using the genuine Nichibutsu PCB ニチブツ純正基板を使用 □ http:www.geocities.jpkamoisfine

Like to get lastest games everyday!
Related Games:
game | ムーンクレスタ

ムーンクレスタ

誰かこのゲームの30周年を祝ってやってくれ!
4,541 views | Jun 28, 2010
game
game | 【実演】名古屋撃ち

【実演】名古屋撃ち

スペースインベーダー公式サイト http:spaceinvaders.jp
4,425 views | Jan 03, 2018
game
game | リブルラブル Libble Rabble part 1 of 6

リブルラブル Libble Rabble part 1 of 6

リブルラブル Libble Rabble ナムコ 1983 987,110pts Player なび 収録Ver Mame32 0.37b14ou 久しぶりにリブルラブルをしてみたら100万点には届かなかったけど良い点数が出ました。 mame replay site http:replayburners.web.fc2.com リブルラブル 発売年:1983.12 開発/発売元:ナムコ ジャンル:アクション コントローラ:ツインレバー(8方向+8方向) システムボード:専用基板 CPU構成[M6809 (2), 68000] 音源チップ[Namco] 村に伝わる魔法の道具"リブル"と"ラブル"が繰り広げる不朽の名作ファンタジックアクション作品。 ツインレバーを使用して、画面上のクイを上手に使い、敵キャラクターを囲いこむ「バシシ」で倒していく。 ステージのエリア内には宝箱が隠れていて、これを探し出すのが、この作品の最大の楽しみでもある。 宝箱を探し当てると、6人の妖精「トプカプ」が飛び出し、これをすべてバシシすると奇跡が起こりボーナスステージへと突入する。 奥深いゲームシステムは、今でも決して色あせることはない。 日本初の68000CPU搭載作品でもある。 Libble Rabble (c) 1983 Namco.- TECHNICAL -Game ID : LR Main CPU : M6809 (@ 1.536 Mhz), 68000 (@ 6.144 Mhz) Sound CPU : M6809 (@ 1.536 Mhz) Sound Chips : Namco 8-channel WSG Screen orientation : Horizontal Video resolution : 288 x 224 pixels Screen refresh : 60.61 Hz Palette colors : 256 Players : 2 Control : Double 8-way joysticks Buttons : 1- TRIVIA -Released in December 1983. Namco's first 16 bits game.- STAFF -Designed by : Toru Iwatani Music by : Nobuyuki Ohnogi
3,846 views | Sep 04, 2009
game

game | アトランチスの謎 最短コース

アトランチスの謎 最短コース

ノーミスクリア一般人がツールアシストせずにどこまでやれるかやった感じです☆を取ってから死ぬ条件 ①穴に落ちる ②自分の爆弾(ポン)に当たる・・・判定は小さい ③時間切れ爆弾に当たった瞬間にドアに入る(ドアに重なっている)と死なずにワープするテクニックを使用しています。
1,444 views | Nov 17, 2007
game
game | 最速スペランカー

最速スペランカー

実は最速じゃなかったというタイトルを あえてそのままつけています。 追記:とうとうきたぜ100万再生・・・!ありがとうございます( ´∀`)
1,063 views | Jun 29, 2006
game
game | 1980 60fps Crazy Climber 611600pts

1980 60fps Crazy Climber 611600pts

クレイジークライマー Crazy Climber (Japan) Nichibutsu 1980 611600点 Player なび 収録Ver ThunderMAME32UI+0.143X おはようございますっ!こんにちはっ!はーーいっ!こんばんはっ!はいっ!ごきげんさっ!(^^) 2448銀河年ぶりです。なびです。いつものように(まくーーがあーーき)遊んでいたら1周ノーミス込みで新記録が出ました。うれしいですね(^^) めざせ100万点!越え それでは弱気になりましたら誰より早く海で逢いましょうあなたと私って事でこの辺で失礼いたします。すいはんきmame replay site http:replayburners.web.fc2.com クレイジークライマー発売年:1980.10 開発/発売元:日本物産 ジャンル:アクション コントローラ:ツインレバー(8方向+8方向) システムボード:専用基板 CPU構成[Z80] 音源チップ[AY-3-8910, Custom] ゲームファンの間で名作と語られる「クレイジークライマー」。 ビルをよじ登る主人公の両手を操作するのにツインレバーを採用したという点には、ただただ感心するばかりである。 ビルの屋上までよじ登り、 うまくヘリコプターにつかまれば、 ラウンドクリアとなるが、ゴリラの登場や、植木鉢が落ちてくるなど、ユニークな障害が待ち受けている。 音声合成による「ガンバレ」の声援や、落ちていく時の「アー!」がとても印象的である。 Crazy Climber (c) 1980 Nichibutsu [Nihon Bussan Co., Ltd.].Crazy Climber is a 2-D, strategy style game. The game is strategic in the fact that you must plan your moves as you climb up the building and anticipate the hazards that await you. You start out the game at the bottom of a building to be scaled. As you climb up the building, you will be assailed by bald people throwing flowerpots, signs with loose electrical wires, very large apes, falling signs, trash and barbells, and a bird that likes to drop bad things on your character. Your goal is to make it to the top of the building and catch the helicopter, which will transport you to the next building to be scaled. Of course, you will be rewarded for quickly making it up the building by getting a bonus (that is as long as you can catch the helicopter). The things one does for publicity.- TECHNICAL -The game was released in several different cabinet styles. Taito licensed the game from Nichibutsu and released it in the US in a generic orange 'Taito' cabinet with Americanized artwork. A cabaret version of the game was also created.Nichibutsu's standard cabinet was shaped similar to the Taito cabinet, but it had a plain white exterior with the Crazy Climber logo from the marquee on the kick plate and diagonally on the sides. The marquee and monitor bezel art are very vibrant, using many custom fluorescent colors. The control panel is black painted metal with artwork painted on in orange, white and red. The marquee had no backlight.Nichibutsu's deluxe cabinet was taller and had a very unusual control panel. The panel attached to the front of the cabinet separately and was metal covered with a curved piece of plexiglass. Full color artwork of the climber scaling the outside of a building is silkscreened onto the curved plexi. The instruction sheet was moved from its position on the standard cabinet's monitor bezel to a window on the control panel. The deluxe cabinet also used several Nintendo parts, including the same type monitor (Sanyo 20EZ) and the same style of coin mechs used by games like "Donkey Kong", "Donkey Kong Junior", et. al.Prom Stickers : CCMain CPU : Z80 (@ 3.072 Mhz) Sound Chips : AY8910 (@ 1.536 Mhz), Discrete circuitryScreen orientation : Horizontal Video resolution : 256 x 224 pixels Screen refresh : 60.00 Hz Palette colors : 96Players : 2 Control : Double 8-way joysticks- TRIVIA -Crazy Climber was released in October 1980. It was Fujiwara's first game.- SCORING -Each building has a STEP POINT heading. This indicates how many points you get for each window you successfully climb to. You also start out with a certain amount of bonus points per building. On buildings one and two, they decrease by 100 about every 2 seconds while on buildings three and four they decrease by 200 points about every 2 seconds. Below are listed the STEP POINT and BONUS RATE points : Building 1 - Step Point : 100 - Bonus Rate : 10000 Building 2 - Step Point : 150 - Bonus Rate : 20000 Building 3 - Step Point : 200 - Bonus Rate : 30000 Building 4 - Step Point : 250 - Bonus Rate : 40000- SERIES -1. Crazy Climber (1980) 2. Crazy Climber 2 (1988) 3. Hyper Crazy Climber (1996, Sony PlayStation) 4. Crazy Climber 2000 (2000, Sony PlayStation)- STAFF -Designed and programmed by : Shigeki Fujiwara- SOURCES -Game's rom. Machine's picture. F.A.Q. by Kevin Butler A.K.A. War Doc
2,567 views | Aug 15, 2015
game

game | パックマン カギの9面~30万点まで

パックマン カギの9面~30万点まで

パックマン30周年を祝って、30万点までプレー、の(4) ここからはパターンを間違えない限り、256面まで永久パターン。 30万キッカリを狙うには最悪の点数状況でしたが、まぁ1機づつ消費してなんとか達成。 パックマン最高! 祝30周年!
1,788 views | Jan 08, 2010
game
game | ルパン三世 1980年 タイトー 1 5

ルパン三世 1980年 タイトー 1 5

1面と2面のパターン。
1,441 views | Jul 02, 2008
game
game | Jump Bug ジャンプバグ ワーゲンの不思議な冒険への旅

Jump Bug ジャンプバグ ワーゲンの不思議な冒険への旅

ジャンプバグ ワーゲンの不思議な冒険への旅 1981年 アルファ電子豊栄産業セガ 基板から録画しました。エミュレーターでは味わえない ジャンプバグ本来の音を楽しんで頂ければと思います。 内容はデモと1周クリアです。 - Captured Live on Ustream at http:www.ustream.tvchanneltakaflo
3,281 views | Aug 16, 2011
game

game | SPARTAN X super play movie

SPARTAN X super play movie

It's a super play of SPARTAN X that is masterpiece of family computer (famicom,NES)
4,407 views | Apr 18, 2006
game
game | パックマン メロンの1面~カギの1面まで

パックマン メロンの1面~カギの1面まで

パックマン30周年を祝って、30万点までプレー、の(2) 途中でつまらない死に方してますが、一発勝負なのでやむなし ベルの2とカギの1ですり抜けパターン使ってます。
4,015 views | Jan 08, 2010
game
game | ギャプラス Gaplus 10000000pts part 1 of 3

ギャプラス Gaplus 10000000pts part 1 of 3

ギャプラス Gaplus (set 1) ナムコ 1984 10,000,000 Player HIR 収録Ver MAME0.36rc2 616面まで、1000万点。連無。 mame replay site http:replayburners.web.fc2.comギャプラス発売年:1984.04 開発/発売元:ナムコ ジャンル:シューティング コントローラ:8方向レバー+1ボタン システムボード:専用基板 CPU構成[M6809 (3)] 音源チップ[Namco, Samples]ギャラクシアンシリーズの第3弾は、よりゴージャスな仕上がりを見せている。 特に敵を味方にするファランクスや、 ショットがパワーアップするハイパーなど合計6種類も登場するブラスターヘッドは今回の目玉となっている。 また、これまでは左右のみだった自機の移動も、画面の下部を8方向に移動可能。 敵キャラクターも第3種族まで用意され、10面ごとに種族が変わる。 敵を弾くチャレンジングステージはとてもユニーク。 ステージ31の敵キャラクターのスピードは圧巻。ストーリー: かつて、銀河連合軍との戦いに敗れたギャラクシアン、ギャラガと呼ばれていたエイリアンは、第三世代となっていた。 かれらは、進化によって三種族に分化し、争い合っていたが、第三種族が他族を圧して、ギャプラス帝国を築きあげたのである。 再び、宇宙制圧をもくろんだ彼らは銀河連合に対して攻撃を開始してきた。 戦闘のさなか、銀河連合軍は、開発段階にある秘密兵器ブラスターヘッドをギャプラスに奪われてしまう。 ブラスターヘッドの機密を守るべく、奪還命令を受けたファイターは宇宙へと飛び立ったのである。 [出典:ナムコミュージアム Vol.2(ナムコ)]Gaplus (c) 1984 Namco.The third game in Namco's classic "Galaxian" series, Gaplus picks up where 1981's "Galaga" left off. While maintaining the same classic 'look' of its predecessor, Gaplus's graphics are a definite improvement over those of "Galaga"; the game's increased color palette and subtle use of shading making the attacking aliens look rather more solid.Another enhancement over its prequel is in the addition of a player-acquired 'Tractor Beam'. In "Galaga", only the enemies had access to the beam; enabling them to capture one of the player's 'Fighter' ships (the player then had to shoot the captor to release the Fighter). For the sequel, however, the player can now acquire the Tractor Beam. This is achieved by shooting one of the alien formation's 'generals' - a visibly more colourful alien than its comrades. The Tractor Beam will then activate for a limited time and any aliens the players captures (up to a maximum of six) will dock alongside the player's ship for enhanced firepower.One final yet important addition is in the movement of the player's ship. In previous installments, the ship could only move left and right along the bottom of the screen; in Gaplus, however, the ship can now move UP the screen - although only to the halfway point. This is important as the alien's aggressive attack patterns will often see enemy craft swirling around the bottom of the play area.As with "Galaga", Gaplus features regular 'Challenging Stages', with benign aliens swooping across the screen for the player to shoot as many times as possible, in order to try and spell out a word and earn extra bonus points.- TECHNICAL -Game ID : GP Main CPU : M6809 (@ 1.536 Mhz) Sub CPU : M6809 (@ 1.536 Mhz) Sound CPU : M6809 (@ 1.536 Mhz) Sound Chips : Namco 8-channel WSG, discrete circuits (for the ship explosion sound) Players : 2 Control : 8-way joystick Buttons : 1 (FIRE)
2,039 views | Dec 11, 2010
game

game | CRAZY KONG PART II FALCON

CRAZY KONG PART II FALCON

一番遊んだのはドンキーキング
3,776 views | Jun 26, 2007
game
game | スペースインベーダー Space Invaders 23840pts

スペースインベーダー Space Invaders 23840pts

スペースインベーダー Space Invaders (CV Version) Taito 1978 23,840pts Player KIN 収録Ver MAMEPlus!0.150 レインボー2回出しておききました。1面最初のUFOで稀に起こる30点UFOが見れます。 mame replay site http:replayburners.web.fc2.comスペースインベーダー発売年:1978.07 開発/発売元:タイトー ジャンル:インベーダータイプ コントローラ:2方向レバー+1ボタン システムボード:Midway 8080 System CPU構成[8080] 音源チップ[Samples, SN76477] 1978年に登場し、ゲーム史上空前の大ブーム「インべーダーブーム」という社会現象を巻き起こした歴史的な作品。 ゲームの内容は、 自機の砲台を2方向に動かしながら、55匹のインベーダーをミサイルで全滅させると1面クリアとなるシューティングゲームである。 敵の数が少なくなると、インベーダーの移動速度がだんだん速くなり、弾を命中させるのが難しくなる。 UFOのミステリーポイントや、「名古屋撃ち」「レインボー」など数々のテクニックが存在する。 Space Invaders (c) 1978 Taito.Space Invaders is quite simply the most influential video-game of all time. A single player moves an armed 'base' left or right along the bottom of the screen and shoots the endless waves of aliens marching relentlessly down the screen towards earth.There are four buildings (shields) at the bottom of the screen that the player can hide behind, but these will eventually be destroyed by either enemy missiles or by direct contact with the invaders themselves. The player's shots will also destroy the shields.The aliens' descent quickens as they are eliminated, making them harder to hit. A flying saucer will fly across the top of the screen at regular intervals and can be shot to earn extra points.- TECHNICAL -Main CPU : 8080 (@ 1.9968 Mhz) Sound Chips : SN76477 (@ 1.9968 Mhz) Players : 2 Control : 2-way Joystick Buttons : 1 (FIRE)- TRIVIA -Space Invaders was released in July 1978. It was also available as a cocktail model. In Japan, the cocktail version is known as "T.T Space Invaders".- SCORING -Large Invader : 10 points. Medium Invader : 20 points. Small Invader : 30 points. UFO : 50 to 300 points.- STAFF -Designed & programmed by : Tomohiro Nishikado
4,539 views | Feb 15, 2014
game
game | 平安京エイリアン(AC SFC) プレー動画

平安京エイリアン(AC SFC) プレー動画

ゲーム黎明期に東大生が作ったことで話題となった、平安京エイリアンのプレー動画です。 ゲームセンターあらしを読んでいたら遊びたくなりました・・・昔もコロコロコミックで読んでこのゲームをゲーセン行って探しましたね・・・。 結局子供だった自分には難しくて全然まともにプレーできませんでしたけどwとにかくエイリアンの動きが読めないw  これに尽きますw  自キャラを追いかけまわすというわけではないので楽は楽なんですが、どこでどう曲がったりUターンしたりするのかが全く読めないので結構ドキドキしますw 当時の有名なテクである「〇〇堀り」とかはよくわからないのですが、なんか普通にやってても自分の周りに穴を掘って待ち伏せるとか、自然と攻略が見えてきましたw と言ってもすぐやられちゃいますけど><ちなみにこの動画はスーパーファミコンで発売されていたニチブツアーケードクラシックス2のものをプレーしたものになります。 スーファミでできるとは思いませんでした・・・。※海外タイトル:Heiankyo Alien
4,625 views | Jan 21, 2017
game

Categories
Popular Tags

      Disclaimer: FetGame.Com is a free flash games and game trailers search engine that indexing and organizing free games on the web. Everyday 1,000+ new flash games, trailers added to this site.


      © 2019 - FetGame.Com